ホーム


ahmatjanosman.jpとは

ウイグル文学を日本に紹介したいとの思いから
「ahmatjanosman.jp」
を皆様にお届けすることになりました。
Ahmatjan Osman (アフメットジャン・オスマン)は、ウイグル現代文学において、
またはウイグル文学史においても非常に重要な人物であり、またウイグルの現代詩をこの世に送りだしたいわばウイグル現代詩の先駆者的存在である。
Ahmatjan Osman の詩は、その「詩自体の内部から湧き上がるような限りの無い美しさ,力強さのなかに深い揉情性そして内容の豊かさ」を感じさせる。

受賞歴 
1980年新疆ウイグル自治区第一回児童文学最優秀賞受賞。
受賞作品名は「彼を学校に行かせて」1979年
1992年ウイグルで行われた「読者が選ぶもっとも好きな詩人三人」の一人がAhmatjan Osman.

#本ホームページ上のアフメトジャン・オスマンの詩およびその日本語訳は全て本人の許可を得た上で掲載しています。本ホームページ管理人の許可なく(原詩および)訳詩を転載することを禁止します」

ウイグルの詩について
ウイグル文化は昔から、世界でも有数の文人や詩人を輩出してきた。
現代においても、ウイグルの人々の詩への情熱が消えることがない。
ウイグル人は幼いころから「コシャック」と呼ばれるリズムや韻律のある
民間の「詩」に親しんでいるため、日常的に、私的な手紙や
日記、講演や放送、宗教説法に至るまでその内容にリズムと押韻に
富んだ音楽を感じさせる詩的な表現を織り交ぜる。好きな詩や「コシャック」を
一つも朗読できないウイグル人いないだろう。
このような土壌で産まれたウイグルの現代の詩人たちは常にウイグルの
古典詩を血脈にしながら現代において吸い込んだ幅広い知識を元に伝統的な韻律から
脱却した自由なスタイルの「新体詩」をこの世に送り出した。
この新体詩を誕生させた人こそがAhmatjanOsman先生である。
ウイグルの新体詩は「グンガ(朦朧という意味)詩」と呼ばれることもあるが、
これは中国版の「朦朧詩」と全く別物で、中国から導入、輸入されたものでは決してない、
ウイグル独自の詩のスタイルである。


更新情報

2015/11/30「ウイグル文学と文化を語る国際シンポジウム」の動画を掲載しました。
2015/11/24 「ウイグルの詩人 アフメットジャン・オスマン選詩集」が出版されました。
2015/09/17 「ウイグル文学と文化を語る国際シンポジウム」と「前夜祭」が開催されます。
2015/06/25 「論文、資料」に「Sha’ir kawai(眞 河合): bu shé’irlar bizge uyghur xelqining heqiqiy tiniqlirini bildüreleydu」を掲載しました
2015/06/23「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「お前たちを探しに暗闇を遣わした」を追加しました。
2015/06/15 「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「道」を追加しました。
2015/06/07 「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「二回目の転落」を追加しました。
2015/05/13  「ああ、ウイグルの大地」が朝日新聞で紹介されました。
2015/03/15  「論文、資料」に「Language as homeland and collective consciousness」(英文)を掲載しました
2015/03/05 「論文、資料」に「Uyghur gungga shé’irlirigha «gungga» dep at qoyush bir xataliq」を掲載しました
2014/12/26 「Ahmatjan Osman 論文・資料」に「Yilan Mehri」を追加しました。
2014/11/30 「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「幼き日のお月さま」を追加しました。
2014/11/06「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「黄昏の砂のベッド」を追加しました。
2014/11/01「Ahmatjan Osman 詩の世界」の「影」に英訳を追加しました。
2014/10/30「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「影」を掲載しました。
2014/10/13 「論文、資料」に「Erkinlik we iskenje」と「Kimlik we özgichilik」(ウイグル語)を追加しました
2014/10/10 「管理人とお問合せ」に共訳者を追記しました。
2014/09/27 「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「恋人の平安」を掲載しました。
2014/09/22 「論文、資料」に“Shéir bilen étiqadning munasiwiti”(ウイグル語)を追加しました
2014/09/19 「出版物」に『ああ、ウイグルの大地、さいはての亡命地』の説明(英文)を追加しました。
2014/09/12 「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「ああ、ウイグルの大地、さいはての亡命地」を掲載しました。
2014/08/17 「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「天井や時間が形成されている場所」を掲載しました
2014/08/05  「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「シェヘラザードの口から次々に現れる夜」を掲載しました。
2014/07/29 「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「二度目の転落」を掲載しました。
2014/07/22 「論文、資料」に英語詩集『ああ、ウイグルの大地、さいはての亡命地』が出版された(ウイグル文)を掲載しました。
2014/07/21 「ホーム」にウイグルの詩についてを追加しました。
2014/07/13 「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「存在の弧」、「追放地の弧」等を掲載しました。
2014/07/12 「論文、資料」のページにShéir mesililiriを追加しました。
2014/07/06 「風が逢う場所」「秘密」「最初の歌」「夜を語る」にウイグル文を掲載しました。
2014/07/05  「論文、資料」のページを追加しました。
2014/07/01  「Ahmatjan Osman 詩の世界」に「黄昏の砂のベッド」よりを掲載しました。
2014/06/18  「Ahmatjan Osman 詩の世界」をメニューに追加しました。
2014/06/10 AhmatjanOsman.jp のサイト開設しました。

 

 

 ホーム への22件のフィードバック

  1. مەردان のコメント:

    ئاپىرىن

  2. 匿名 のコメント:

    ئودا ئەپەندىم
    رەھمەت
    ياپونىيەدىكى ئاتاقلىق ئانىمە رەسسامى ئودا تاتسۇئو ئەپەندىمنىڭ سۆزى
    ئۈچۈن خوشالمەن.
    odamanga.com . بەك قىزىقارلىق

    مۇقەددەس مۇئە’للىم دىن

    小田辰夫(Merdan)先生
    コメントありがとうございます!
    嬉しいです。
    初のコメントは、日本の有名な漫画家から頂きました。
    今後ともどうぞ宜しくお願いたします。
    odamanga.comもみております。

  3. تۈكچە のコメント:

    ウイグルの詩ですか。
    ウイグル語は分からないですが。

  4. 匿名 のコメント:

    تۈكچەさんへ
    では、日本語の詩を読んでいただければ幸いです。
                    管理人(放送大非常勤講師 Muqeddes)

  5. ياماموتو のコメント:

    خېلى ياخشى

  6. 匿名 のコメント:

    ウイグル語とウイグル文化を勉強して詩を理解
    できると良いな。

  7. 匿名 のコメント:

    ياماموتو 様
    ありがとうございます。
    今後は美しい詩をたくさんアップさせていただきますので、また読んでいただければとおもいます。
    翻訳の方も勉強をしながらより一層頑張って行きます。

  8. 秋山 泉 のコメント:

    ウィグル文学・詩を読むのは、初めての体験です!じっくり読ませていただきますね(^_^)/

  9. 匿名 のコメント:

    秋山 泉 様
    コメントありがとうございます!
    アフメットジャン・オスマン(Ahmatjan osman)先生は,ウイグルの天才詩人です。言葉の魔術師です。
    ゆっくりとご鑑賞いただければ幸いです。今後とも翻訳頑張ってまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。管理人 ムカイダイス(Muqeddes) より!

  10. 秋山 泉 のコメント:

    率直な感想です☆最初さらっと読んでみて、とても難しく感じました さらっと読めない詩 何度か状況を想像しながら読んでみると。。「天井や時間が形成される場所」は、深い深い沈黙の時間を味わったことのある人独特の詩だと感じました

  11. 匿名 のコメント:

    秋山 泉 様
    素敵な感想文、ありがとうございます!
    >深い深い沈黙の時間を味わったことのある人独特の詩
    泉ちゃんの教養の高さと軟らかさ、聡明さ、そして人間としての優しさが溢れていてすごくよいコメントでした。私にとっても勉強になり、また翻訳の励みににもなりました。

    泉ちゃんの素直で素敵な感想をまた読みたいです。他の詩も読んでいただければ幸いです。

  12. 秋山 泉 のコメント:

    感想に対する素敵なコメント☆ありがとうございます(^_^)/他の詩の感想も気まぐれに書きますので、首を長くしてお待ち下さいませm(_ _)m

    早速、素朴な疑問なんですが、「シェヘラザード~」の詩の中で「散歩中の人々の首に下げた鈴のようにかすかに響いていた」っていう文章があるのですが、散歩中、首に鈴を下げる風習があるんでしょうか?それともたとえなんでしょうか?それとも鈴がついた首に飾る衣装があるのかな?

  13. 匿名 のコメント:

    秋山泉様
    「シェヘラザード~」を読んでくださっているのですね。ありがとうございます!嬉しいです(笑。
    早速、質問に答えさせていただきます!

    >>「散歩中の人々の首に下げた鈴のようにかすかに響いていた」っていう文章があるのですが、散歩中、首に鈴を下げる風習があるんでしょうか?
    ウイグルにはそのような風習がありません。
    (しかし、とても可愛い質問でしたので思わず微笑んでしまいました。
    今度わたくしが公園に散歩に行ったとき鈴でも首に下げながら散歩してみょうかなあと思ったり、ひたすら
    想像を膨らませています。楽しい想像を与えてくれた泉ちゃんに感謝です。)
    >>それとも鈴がついた首に飾る衣装があるのかな?
    これもありません。時には、小さい子供の洋服に鈴のような飾りがついたものが売っていたりしますが、これは風習ではなく、子供をあやす時のちょっとしたおもちゃと子供が動いたのを知らせてくれるものではないかと私が推察いたします。

    「散歩中の人々の首に下げた鈴のようにかすかに響いていた」
    比喩だと思います。

    しかしながら、泉ちゃんの質問は翻訳についても考えさせてくれました。
    この訳がそのようなイメージ与えた可能性もあります。
    「まるで散歩中の人々の首に下げた鈴のようにかすかに響いていた」(こっちだったほうがよかったのか?)
    この質問は本当に翻訳に詳細まで徹底すべきことをもう一回改めて教えてくれました。
    泉ちゃん、ありがとう!

    (質問とは関係のない話になりますが)
    「シェヘラザード~」の詩は、私も一読者、翻訳者として大好きな詩です(すべての詩が大好きですが…)
    中国の有名な詩人Yang Lian 先生が(ロンドン在住)この詩を中国に訳して、またこの詩を分析と評価
    をした素晴らしい論文を書かれました。論文の中で、彼が書かれたある言葉が印象に残っています。
    Ahmatjan Osman 先生の詩は「民族、国境、宗教すべてを越えて人間そのものの本質を詩っています」。
    この評価は「粋」ですね!

  14. 秋山 泉 のコメント:

    うわ~☆丁寧に答えてくれてありがとうございますm(_ _)m「首から鈴~」は、たとえなんですね!せっかくなので、是非、公園で散歩のする時には、首から鈴、下げてみてください(笑)

    「まるで」をつけてくれたんですね!とってもわかりやすいです(^_^)/ありがとうございますm(_ _)m(でも、そんなとこみなさん、疑問に思わないかもしれないですよ☆ごめんなさいm(_ _)m)

    翻訳って確かに難しそう☆
    「シェヘラザード~」の詩は、特に好まれていて人気があるんですね!人間の本質か~☆じっくり読みますね☆「シェヘラザード~」の題名からして、そういう、表現の仕方というか、たとえが凄いですね!

  15. 匿名 のコメント:

    秋山 泉様
    コメント感謝です!
    >>せっかくなので、是非、公園で散歩のする時には、首から鈴、下げてみてください(笑)
    一人でやるのもいいのですが、せっかくなのでご一緒にいかがですか?二人の方が楽しい!絶対!
    可愛い鈴を用意させていただきます。
    >>「シェヘラザード~」の詩は、特に好まれていて人気があるんですね!
    放送大学の学生で、この詩を「ウイグルとシルクロードとアラビアンナイトの世界を一緒にたびさせてくれるような素敵な詩」と言ってくれた学生と、「独特のリズム感がたまらなく好き、まるで音楽」と言ってくれた学生がいて私はとても嬉しかったんです。そうですね、泉ちゃんが言うように特に好まれて、人気がある詩かもしれません。
    さてと、泉ちゃんの心にも「シェヘラザード~」が素敵な思いを残してくれることを祈ります(笑。

  16. 秋山 泉 のコメント:

    首から鈴下げて散歩、是非ご一緒に(^_^)/(笑)

    「シェヘラザードの口から次々に現れる夜」を読んだ感想は、

    最初題名見て「シェヘラザードって何だろ」と思って調べたら、千一夜物語・アラビアンナイトに出てくる物語を聞かせる登場人物の女性のことだとわかりました なので、題名の文章が詩の中に何回か出てきますが、そういう表現の仕方がまず、凄いと思いました

    詩を何度か読んでるとき、私はウィグルから離れた所の、主人公がよく行きなれた公園で、主人公がウィグルを思いながら考えてるような姿が思い浮かびました☆とくに最後の3行が良かった☆

  17. 匿名 のコメント:

    秋山 泉様
    「首から鈴下げ散歩」ご一緒にできることを楽しみにしております(笑。
    「シェヘラザードの口から次々に現れる夜」を読んだ感想文、こりらも感謝です。
    泉ちゃんの視点から新たな刺激をいただきました。

    ☆とくに最後の3行が良かった☆
    そうですか、なぜか分かります(^_^)。
    では、今度またゆっくりと!!

  18. 匿名 のコメント:

    感動しました。いつか辞書の編纂にも着手していただけたらと思います。

    …日本はアイヌ語の母語話者とその建築技術を失いました。ウイグル語とその文字と文化とが、どうか永く栄えてくださいますよう祈っています。

  19. ある友人 のコメント:

    >感動しました。いつか辞書の編纂にも着手していただけたらと思います。
    >日本はアイヌ語の母語話者とその建築技術を失いました。ウイグル語とその文字と文化とが、どうか永く栄えてくださいますよう祈っています。

    コメント、ありがとうございます!
    ウイグル語と文字を、そして文化を応援していただいて感謝、素敵な言葉を書いて頂いて嬉しい限りです。心から感謝を申し上げます。
    まだまだ未熟な私ですが、この応援の言葉を胸に今後も一生懸命頑張ります!
    今後ともどうぞ宜しくお願いたします。
                                       管理人  Muqeddes

     **

  20. 匿名 のコメント:

    ”アフメットジャン オスマンの詩の世界”と同じコメントをいれさせていただきますが、

    「黄昏の砂のベッド」は、多分タイトルを”新調”しての登場だと思うのですが、とても読みやすくなりましたね。”最近の投稿”の欄の、「影」も同様に読みやすく“新調”されましたね!

       注意深いサイトの読者より

    何故、コメントを書く欄が二ヶ所あるのか不思議ですね!

  21. ある友人 のコメント:

    こちらにもコメント書いていただいて、ありがとうございます!
    そうですね、こちらにはウイグル文学の知識をを今後とも増やしていく予定です。

    今後ともどうぞ宜しくお願いたします。

  22. Muqeddestin(2014/12/9 Seyshenbe) のコメント:

    Ikkinchi mening ismimda mening tor betimge nerse chaplimang!
    Sizning IP adresingiz, Olturaqlashqan Dolet ,Sheher Rayonliringizdin
    tartip mening qolumda.
    Mesilen siz H bilen bashlinidighan bir XXXXX da olturuisiz-he!
    Yene mening tor betimgha cheqilsingiz,Resimingiz bilen ismingizni qoshup
    elan qilip qoyimen.

コメントは停止中です。